医学部を目指す受験生にとって予備校と家庭教師は強い味方!

最短医学部
*予備校
家庭教師
理想は併用

予備校のメリット

予備校は受験生がたくさんいるため、自分がどれぐらいの位置にいるのか非常にわかりやすいです。

模擬試験などが頻繁にあるので、自分の位置が常に分かりやすく、勉強量を増やしたり、 苦手科目に集中したりするなどの対策をしやすくなります。これは非常に大きなメリットであるといえます。

また、最新の情報が入手しやすいです。 そのため、受験の傾向をつかみやすく、制度的な変更があった場合でもすぐに把握することができます。

予備校のデメリット

その一方でデメリットもあります。

それはクラスに数十人いることがあるので、 わからないことがあっても気軽に先生に質問できないのです。 先生はできるだけ多くの生徒の質問に答えようとしてくれますが、 人数が多すぎるため対応しきれないのが現状であるといえます。

また、講義の時間が決まっているので、自分のスケジュールが悪い時は出席することができないというデメリットもあります。